/*-------------------------------------------*/ /* Contact form コンバージョン トラッキング code /*-------------------------------------------*/ add_action( 'wp_head', 'contactform7_gtm_hook' ); //「contactform7_gtm_hook」関数を内で実行します function contactform7_gtm_hook() { $output = ""; echo $output; //「output」定義された内容を出力します } AIチャットボットの管理ツールCAIWA ROBOT MANGERの機能紹介 | 簡単導入・高性能AIチャットボット|イクシーズラボ

CAIWA ROBOT MANAGER機能紹介

CAIWA ROBOT MANAGERの主なツールと機能を紹介

UIジェネレーター

UIジェネレーターを利用すると、簡単にオリジナルのユーザーインターフェース(UI)を作成できます。
ロゴ画像とキャラクター画像(5種類まで)のアップロード、全体の幅と高さ、それぞれのエリアのカラー設定等が可能です。

ベースとなるデザインはいくつかの種類から選べる

下記は、ユーザーインターフェースの一例です。ロゴやキャラクターの画像、全体のサイズやそれぞれのエリアの背景色、枠線色、文字色等を変更してオリジナルのインターフェースを作成することが可能です。
ベースとなるデザインは、メッセージングアプリ型、別ウインドウ型、常駐型から選択できます。
レスポンシブデザインとなっているため、スマホやタブレットでアクセスすると、最適化された画面が、自動で表示されます。

メッセージングアプリ型のUI

知識設定

知識設定機能によって、AIチャットボットの一連の動作(質問に対する回答、ページの誘導、アニメーション、関連情報の表示など)を簡単に設定することが可能です。

知識設定の主な機能

QA設定

回答時アクション設定

インポート、エクスポート

ユーザー辞書登録

特定時発話設定

NGワード登録

知識設定機能ピックアップ

回答時アクション設定機能

回答をするときにUI側で行う様々なアクションを、知識作成する際に設定できます。
設定にはプログラミングの知識は必要ありません。
回答するときに行うアクションには以下のような内容があります。
・ページを開く(ページ誘導)
・動画や画像表示
・キャラクター画像切り替え(アニメーション)
・関連情報、候補表示 など

インポート・エクスポート

質問と回答のリストをテキストデータで用意すれば、一括でインポートできるので、コールセンターのログや問い合わせデータを活用することも可能です。またエクスポートしてバックアップしておくことも可能です。

テストツール

作成した知識をチェックするツール。きちんと回答できるかどうかをテストし、その場でチューニング(学習)も行えます。知識学習支援機能もついているので、簡単に回答精度が向上します。

メンテナンスツール

AIチャットボットを育成するための知識チューニング(学習)をサポートする機能です。
以下の機能が備わっており、簡単にチューニング(学習)を行うことが可能になっています。

入力発話解析・分類機能

ユーザーが入力した発話のログを解析して、回答できなかったものや間違って回答しているものを分類

同義文クイック追加機能

回答がうまくできなかったユーザーからの質問を、きちんと回答できるようにするために、自動的に抽出された「意味が近いQの候補」に同義文として追加することで、回答精度を向上させていくことが可能です。
候補の中から選んでワンクリックするだけなので学習スピードを格段に早められます。

新規QAクイック追加機能

回答できなかったものはすぐその場で回答を追加できます。

ログ解析レポート

ユーザーの入力発話に関する統計データを閲覧できるオンラインレポートツール。
どのような質問が多かったか、発話数が多いのはどの時間帯かなどを確認することが可能です。