TBS様が働き方改革推進のためAIチャットボットを社内ヘルプとして導入!イクシーズラボ のパートナー日立システムズが発表

TBS様が働き方改革推進のためAIチャットボットを社内ヘルプとして導入!イクシーズラボ のパートナー日立システムズが発表

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、株式会社TBSテレビ(代表取締役社長:佐々木 卓、本社:東京都港区/以下、TBSテレビ)の働き方改革を支援するため、TBSテレビの社内システムに、対話型自動応答AI(チャットボット)サービス「CAIWA(カイワ)(*1)」を導入しました。

TBSテレビは、「CAIWA」を導入したことにより、社内システムの操作方法や業務に関する社内各所からの問い合わせ対応を、チャットボットによる自動回答で解決できるようになり、大幅に業務を効率化することができました。質問者の入力意図を適切に汲み取るCAIWAならではの対話技術により、ユーザーへ適切な回答を返すことができるだけでなく、運用管理者が容易に編集可能なQA管理機能により、運用担当者の負担軽減およびメンテナンス性の向上を実現しました。

今回の導入ではシングルサインオンを実現しているため、ユーザーは一度社内システムにログインすれば、24時間365日いつでも、TBS社内だけでなく社外のどこからでも、PCやスマートフォンから安全に「CAIWA」にアクセスし、問い合わせをすることが可能となりました。

なお、チャットボットのキャラクターには、TBSの社内で作成したオリジナルキャラクター「AoI(あおい)かなえ」が採用されています。「CAIWA」には、運用担当者がユーザーインターフェースを自由にカスタマイズできる機能があり、それを利用して実現しました。

続きは日立システムズのニュースリリースページへ