言語認識精度の高い会話エンジン搭載のAI会話プラットフォーム「CAIWA」を基盤としたAIチャットボットで問い合わせ対応コスト削減と顧客満足度アップを実現!

CAIWAエンジン

CAIWAエンジンとは

「CAIWAエンジン」は、言語学と人工知能の知見を取り入れた自然言語処理技術によって開発された、言葉(自然言語)の意味を理解し、最適な返答をするためのエンジンです。
「CAIWA」は、Communication Agent with Intelligent Word Analyzerの頭文字から命名されました。

高い言語認識精度

多数の導入企業からの問い合わせログをもとにした機械学習によって構築された高度な辞書と言葉の意味を認識するためのアルゴリズムを備えており、少ないデータ登録で高い言語認識精度を誇ります。

豊富な採用実績

10年以上の開発を経て2007年からビジネス用途での提供を開始し、たくさんの大手企業に採用されている信頼性の高いAI会話システムです。

英語対応

日本語だけではなく英語にも対応。海外での利用実績もございます。

CAIWAエンジンの仕組み

CAIWAエンジンは自然文の意味を解析する「意味認識エンジン」、言葉の意味を認識するために利用する「言語解析用辞書」、そして知識の元である知識データベース(ナレッジベース)から構成されます。
※知識データベース(ナレッジベース)とは、ユーザーから入力されたものに対してどういう反応を返すかを定義づけ、AIに覚えさせる知識のデータベースです。
・会話を成立させる仕組み
ユーザーからの入力文の意味を解釈し、ナレッジベース内を検索。そして入力された言葉と最も意味が近いQ(質問)を見つけ出し、そのQに登録されているA(回答)をユーザーに返し、会話を成立させる仕組みとなっています。

「CAIWA」の仕組み

CAIWAエンジンの特徴

CAIWAは単純なキーワードマッチングで入力文と知識の比較を行っているのではなく、入力文全体の意味をとらえ、入力に対する最も適切な回答を返すことを特徴としています。
意味解析の処理には次のような判定が可能であり、ユーザーの入力の意図をとらえたり、入力で発生する言葉の”ゆらぎ”の吸収などを実現しています。
・ 「~したい」が願望、「~したくない」が願望の否定を表わすなど、入力文の意図や肯定否定の判定
・「お腹が空いた」は「空腹」と同じ意味だという、成句判定
・主部、述部などの構文解析
・意味ネットワーク辞書における、単語の関係性(同義や上下など)判定
など。様々なアルゴリズムで文章全体の意味をとらえます。

CAIWAの特徴

知識データベース(ナレッジベース)とは

知識データベース(ナレッジベース)とは、ユーザーから入力されたものに対してどういう反応を返すかを定義づけ、AIに覚えさせる知識のデータベースです。チャットボットの場合は、質問と回答の組み合わせに様々な付加情報を加えたものが知識データとなります。所謂FAQのデータをもっと拡張したようなものです。

知識データは「CAIWA ROBOT MANAGER」で作成します。用途によって、例えば、料理、音楽、映画などに関する話題、ある企業の商品情報、回答の際に呼び出すWEBサイトのページや画像、そのほか様々な専門的なワードなど、目的に合わせた知識の作成により、深いコミュニケーションが実現できます。これらの様々な知識をデータベース化したものが知識データベース(ナレッジベース)です。