言語認識精度の高い会話エンジン搭載のAI会話プラットフォーム「CAIWA」を基盤としたAIチャットボットで問い合わせ対応コスト削減と顧客満足度アップを実現!

UI・キャラクター作成|チャットボット作成実体験レビュー

大まかなキャラクターイメージ

まずはじめにユーザーの質問に答えるキャラクターの大まかなイメージを設定しました。既存のキャラクターがいる企業はそれを利用することができると思いますが、弊社にはそんなキャラクターは存在しませんでしたので、新たに作り出す必要がありました。
最初は、人間なのか動物なのか、役割やターゲットなど大まかなイメージを作り、その後、名前や口調や性格など細かい設定を決めていきました。
最終的には以下のような設定になりました。

名前 ゆうい
イメージ おっとり。ボケた感じ。想定23歳、フレッシュだけど新入社員よりちょっと落ち着いている。
ターゲット層 商品購入検討中の方向け。
キャラクターの役割 商品および会社案内。問題をスピード解決。
どんな物体か 人工ロボット(AIチャットボット)
口調 基本的に語尾は丁寧語。でもちょっとかわいらしい感じの受け答え。「ですよぉ」など
よくする表情
しぐさ
笑う。照れる。泣く。案内をする。

プロフィールの作成

次にプロフィールを作成しました。

・身長、体重(秘密などの回答もアリ)
・生年月日、星座、血液型
・居住地、出身地
・家族構成、友達
・趣味、嫌いなこと、好きな食べ物、得意な教科、好きな色
・座右の銘、尊敬する人
・特徴、口癖
 など

キャラクターと会話する場合、雑談もするだろうということで、キャラクターに対しての質問などにも答えられるようにするためにプロフィールの設定は必要でした。
ちょっとした雑談、キャラクターのプロフィールに関する質問などに答えられるようにしておくことで、キャラクターに愛着が持てますし、なにより回答にオリジナルティが生まれキャラクター性が高まり親近感を沸かせることにもなります。

キャラクター画像の作成

考えたプロフィールなどをもとにキャラクター画像をデザインして作成するのですが、ViiiのUI上で利用できる画像は5種類です。笑った顔、困った顔、お辞儀をしているものなど表情を変えたものを5種類用意しておきます。
キャラクターを用意した後は、CAIWA ROBOT MANAGERに備わっているUIジェネレーター使ってUIを作ることができるのですが、キャラクター画像をアップロードし、サイズや色を設定して簡単にUIを作成することができました。
次は、いよいよ知識データの作成です。